2008年12月22日月曜日

Chocolate Peanut Toffee

IMG_0738

アメリカの冬の風物詩といえば、このトフィー。クリスマスのギフトボックスの中に入っていたり、親友が作ってくれたりと、毎年何かと食べる機会が多いキャンディなのです。トフィーって、ブラウンシュガーがベースのいわゆるハード・キャラメルのこと。アメリカでは、イングリッシュ・トフィーとも呼ばれています。通常、カリカリのキャラメルにナッツやドライフルーツが入っています。なかなか美味しいの♪

いつも貰ってばかりなので、今回は自分で作ってみました♪作り方もとっても簡単です。鍋にナッツ以外の材料を入れたら、ひたすら色が付くのを待ちます。

通常、トフィーはお砂糖が色づき始めるあたり(フランスではGrand Casse、アメリカではHard crack stage)まで温度を上げていきます。その温度、摂氏約150~160度、華氏約300~320度とかなり熱いです!火傷に注意!(実は、今回、指に火傷してしまった~~~。涙)

IMG_0733

そして出来上がったトフィーには、速攻刻んだピーナッツを入れて。シルパットに流して平らにします。(実は、この時に火傷発生、、、。涙)冷めたらテンパリングしたチョコレートを表面に塗って、またピーナッツを振りかけます。今回はピーナッツですが、へーゼルナッツやペカンナッツでも美味しい♪

さて、チョコレートが固まったら、適当な大きさに砕きます。トフィーって、不揃いなのがかわいいと思う私です。なのでナイフで適当に砕いていきます。

お味の方は、甘いけど美味しい~~♪細かく砕きすぎた部分をつまみ食い。止まりません、、、。(大のキャラメル好き♪笑)

IMG_0737

私は今日から5連休♪まずは溜まっている洗濯から攻めてみます。(笑)その後、クリスマスケーキの材料の仕入れや、クリスマス・ギフト探しにモールに繰り出す予定。その後は、次回のレッスンのサンプル作り、まだまだ熱の冷めやらぬ石鹸作りなど、今までやろうと思っていてできなかったことを存分してみたいと思っています。

皆様、Happy Holidays!よいクリスマスをお過ごしくださいませ♪

***おまけ***

前回の記事のカレンダー・プレゼント企画、まだまだ応募を受け付けております。詳しくはこちらの記事で。この記事からの応募は出来ませんので、ご注意くださいませ。

いつもながらランキングに参加しています♪皆さんの応援のクリック、今日もよろしくお願いしま~す。
ファイブスタイル ブログランキング



8 件のコメント:

shina_pooh さんのコメント...

イングリッシュ・トフィー、私も大好きです♪(みんな大好きかな?きっと、笑)キャラメル味がたまりませんよね。実は私、ナッツがあまり得意ではないので、ドライフルーツが入ったトフィーは惹かれます☆簡単といえるのはChicoさんだからですよー。でも160℃で火傷?!大丈夫ですかぁ・・・(涙)またいつものように、手際が良すぎて手のスピードにトフィーがついていけなかったのでしょう・・・。

Nagomi さんのコメント...

ちょっと遅くなっちゃったけど、カレンダー応募しました!!
これ、美味しそうですねぇ。
わたしもキャラメル好きだから、とまらなくなりそう・・・。
アメリカにいたとき、食べたかなぁ?
記憶があまりないんだけど、地域とかあったりするのかしら。
Chicoさんは、5連休かぁ。
ゆっくり満喫してくださいね。

sachies_symphony さんのコメント...

トフィーって、ハードキャラメルのことだったんですね。だから、キャラメルと同じ味がしてたんですね~。無知ですみません・・・
私もキャラメル大好きです。でも、このあたりでトフィーは見かけても、ソフトキャラメルはあまり見かけないんですよね。
森永のミルクキャラメルがちょっぴり恋しいです。

Chico さんのコメント...

shinaさん、

キャラメルって、大人になっても食べたくなりますよね。小さな頃はもっと好きだったけど。(笑)
ドライフルーツ入りのトフィー、私も未だに食べたことが無いので、今度作ってみます。もちろん火傷に注意しながら。(苦笑)

Chico さんのコメント...

Nagomiさん、

ご無沙汰してスミマセン。
カレンダー応募してくれたんですね。ありがとうございます。発表までしばしお待ちくださいませ。
アメリカでトフィーってかなり定番みたいですよ~。
たぶん全地域で。
今度アメリカに来る時には、是非、チェックしてみて~♪

Chico さんのコメント...

sachies_symphonyさん、

普通キャラメルって、グラニュー糖を使うものが多いのですが、トフィーはブラウンシュガーも使ったりしています。
前に塩キャラメルを作ったら、結構ビックリされたのですよ。やはりこの辺では、硬いキャラメル(トフィー)の方が定番なんでしょうね。
森永のキャラメル、お~~~懐かしいです♪

k子 さんのコメント...

初めてコメントいたします。いつも画面に齧りつきたくなるような極上北米お菓子を堪能させていただいていおります。
こちら日本では気軽にはおいしいトフィーが手に入らず残念に思っていましたが、写真見て、これ!これよ!!と盛大な独り言!主人びっくりです。
レシピの方を確認させていただきましたが載せられていないようで、もし問題がなければぜひ載せていただけませんでしょうか・・・!!!

Chico さんのコメント...

K子さん、

コメント、ありがとうございます~♪
トフィー、火傷さえ気をつければ、カンタンに出来るキャンディですよ。
レシピはまだアップしていないのですが、これからアップする予定でおりますので、もうしばしお待ちを~。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。