2007年12月19日水曜日

Tart au Citron

tart au citron 003

職場で頼まれてレモンのタルトを作りました♪甘めのパートシュクレに、甘酸っぱいレモンクリームの組み合わせが何とも言えず美味しいですよねぇ。フランス菓子の定番中の定番で、私も料理学校時代の最初のクラスで習いました。

さてそのタルト、今回はクリスマスも近いということで、少しクリスマスチックな感じに仕上げてみました♪刺してあるチョコレートも一応手作り♪トランスファー・シートというすでにデザインをプリントされているものに、テンパリングしたチョコレートを流しただけ。今日は星のデザインのトランスファーシートを使い、適当な大きさに手で割って飾ってみました。いかがでしょう?

レモンのタルトって、出来立てももちろん美味しいのですが、タルトが少し湿って柔らかくなったのもこれまた好きな私です♪

tart au citron 005

クリスマスまであと1週間、気分だけでもクリスマスを味わいたくて、ジンジャーブレッド・クッキーを焼こうと計画中!毎年、時間が無くてもこのクッキーだけはたくさん作るんです。(笑)

そして職場やご近所さん、そして友人達に配っている私です。クッキーを焼いている時のスパイスの香りが特に好き。家中にスパイシーな甘い香りが広がって、とっても幸せな気分になります♪作ったらブログで紹介しますので、お楽しみに♪

ランキングに参加中!今日もポチッと応援お願いします♪
ファイブスタイル ブログランキング

18 件のコメント:

ミー さんのコメント...

まぁ~♪なんて美しいのでしょう!
流石です!チョコレートも手作りなんて、やはりプロは違いますね~脱帽というか、美しくて・・・美しくてうっとりです。

こんなケーキ食べられる人はハッピィな事間違いなし!

美しいケーキ、作ってみたいなぁ♪

まあこ さんのコメント...

Tart au Citron しっかりと拝見いたしました。
本当に,素晴らしい!!! 繊細なチョコレートがとってもお洒落で,クリスマスカラーの デコレーションを見ているだけでも Merry Christmas って雰囲気が漂ってきます。残念ながら,私がサンディエゴでいただいたレモンタルトとは天と地ほどの開きがあるかも。
Chico さんの作るデザートは、どれをとってもアメリカのお菓子にフランス菓子の繊細さや日本的な気配りが加味されていて、Chico さんワールドそのものといった感じ。見ても味わっても楽しめるデザートなんて、”デザートの極み”ですねえ。近くに住んでいないのがとっても残念です(泣)。

shina_pooh さんのコメント...

よくお菓子の家を作るのもジンジャーブレッドクッキーですよね。夫が「ジンジャーブレッドクッキーで家を作ろう!」と言うから、「じゃ、Costco でキット買ってくるね」と言ったら、「え、自分で焼くんじゃないの?」と言われてしまいました。。。

実はまだ食べたことのないジンジャーブレッドクッキー。Chico さんのお家の中のスパイシーな香りを想像しただけで甘~~~い気持ちになります。いつかは、、、作ってみようかな(苦笑)

レモン味のスイーツも Chico さんに教えてもらって大ファンになったスイーツのひとつです♪

ことり さんのコメント...

ちょまっ、タルト・オ・シトロン!!またまた大好物~~~
フィリング部分もなめらかで、味が想像できるようです。フレンチ系の一流パティスリーのように綺麗だわぁ・・(うっとり)

Chicoさん、お店出すとき2店舗目はぜひ、NYでねっ!?♪

Chiblits さんのコメント...

レモンが入ったお菓子は全て大好きばあさんです。若い時は9インチのレモンパイを一日で一人で食べた経験があります!(笑)流石にもうできませんけど。これは2インチパイですか?このくらいなら一個食べてもOKですね。(笑)

Akiko さんのコメント...

すごい!奇麗です!芸術ですね。

こゆき さんのコメント...

美味しい上にすごく綺麗です~◎
このプリント貼り付けチョコとか刺さってると、ホンモノ☆って感じがします。
レモンのきいたクリームや生地は大好きだし、ほんと飽きないですよね!
ショートケーキ作るより、これ作るほうが手間だと思います、職人の技☆

mintamu さんのコメント...

きゃ~、なんてきれいなお菓子なんでしょう!これが私の大好きなレモンタルトとなると、ますます食べてみたくなります♪それにしても、チョコレートの割り方にまでセンスのよさが感じられますね☆
ジンジャーブレッド・クッキー、先日夫の職場のクリスマスパーティーで初めて食べました。そのときはクリスマスのお菓子だと知らなかったので、「うひゃ、お菓子なのに生姜の味がする~」と驚いてしまった私です(笑)。

サリー さんのコメント...

な、なんと
売り物以上に綺麗ですわ・・・
神様・・・どうかサリーにも作る威力を・・

Chico さんのコメント...

ミーさん、
一応、これでご飯を食べていますからねぇ。(笑)
チョコレート、市販のシートにテンパリングしたチョコを流しただけなので、とっても簡単なんですよ~。
ちょっとしたコツで、見た目もお洒落に見えますよね。
このタルトもお菓子教室で教えたいと思っています。その時は是非~♪

Chico さんのコメント...

まあこさん、
ありがとうございます♪
そう言ってもらえると、凄く嬉しいですよ~。
そうそう私の理念も、まあこさんがおっしゃる通りで、アメリカ菓子やフランス菓子にも日本人的な細かい気配り忘れないということなんです。
将来は、アメリカ菓子、フランス菓子問わず、”私”のお菓子を販売したいと思っています。季節感のある美味しいお菓子が目標なんですよ~。
北の方に来る機会があったら、是非~。って言っても、まだまだオープンの予定も立たない状況ですが、、、。(笑)

Chico さんのコメント...

shinaさん、
実は、私も未だにジンジャーブレッドハウスは作ったことが無いんです、、、。(汗)
ジンジャーブレッドクッキーは、簡単に出来て日持ちもするので、かなりお薦め度は高いです♪
来年は、是非チャレンジしてみてください。(ご主人のためにも♪)

Chico さんのコメント...

ことりさん、
そうそう、ことりさんってレモン系のお菓子も好きでしたよねぇ。
このフィリングも気に入っていただけるはず♪
ははは、、、NYねぇ、その前にここにお店をオープンさせなきゃ!ですね♪

Chico さんのコメント...

chiblitsさん、
な、なんと9インチのレモンパイを一人で食べた経歴があるなんて、、、凄いっ!
でもさすがに今じゃ無理でしょう~。
これは3インチのタルトです。ちょうどいい感じの1人分ですね♪

Chico さんのコメント...

akikoさん、
芸術なんて言ってもらえると、小躍りしちゃいます。(笑)
一応、洋菓子店に勤務していたこともありますから~。その時は、毎日、こんな作業をやってました。

Chico さんのコメント...

こゆきさん、
タルトは、生地を作って伸ばして空焼きしてなどと作業がたくさんですよね。
うん、手間がかかるといえばかかっているような気も。
ちょっとした小道具(飾り)で、見た目も変わってきますよねぇ。
それが結構楽しくて、そしてこの仕事の醍醐味かも♪ほんとラッキーです。

Chico さんのコメント...

mintamuさん、
べた褒めですね。(笑)
チョコなんて適当に割って刺しただけなんですけどね。(爆)
ジンジャーブレッドクッキー、かなりスパイシーで驚いたでしょう。
アメリカの冬の風物詩でもありますからねぇ。食べないと(または作らないと)クリスマスが来ない気がしちゃいます。(笑)

Chico さんのコメント...

サリーさん、
土台のタルトは結構シンプルなので、飾り次第で豪華に見せてます。
タルトだけだったら、かなり簡単に出来ると思いますので、是非、お試しくださいませ~。
って、私もまだレシピを載せてないのですが、、。