2007年6月30日土曜日

Beer Can Chicken

皆さんが想像していて想像しきれないBeer Can Chicken。今日は、写真をshinaさんからお借りいたしましたので、大公開~♪

まずはこんな風に、スパイスミックスを鶏にすり込みます♪皮と肉の間にもた~ぷり。(この赤いスパイスはスィートパプリカ、チリペッパーではありません、なので辛くないのよ~♪)でもってビールの缶をお腹に詰めて座らせるようにグリルの上へ~。かなり油が落ちるので、油受け用にアルミの型を敷いてます。

どっしり座ったこの姿、なんとも貫禄があります。もちろんビールの缶は開けて、少し量を減らしてからローリエとローズマリーを入れてお腹に詰めてます。このグリル用のフタが閉まらないため、アルミホイルで即席フタを作りました。そしてそれをかぶせて、待つこと約1時間~。美味しそうに焼きあがりました♪

缶の取り出しは2人がかり。ペーパータオルをぐるりと巻いて、トングを使って缶を引っ張り出します(↓こんな感じ)。缶の中のビールが熱いので要注意です☆

そして焼きあがったら、10分ほど置いてから切り分けます↓。(決して踊りを踊っている訳ではありません!(笑))

それにしてもshinaさんのご主人の写真の上手なこと。私の専属カメラマンになってもらいたいわ~。
レシピはそのうちアップします。気長にお待ちくださいませ~♪ちなみにオリジナルのレシピはこちらのサイトから♪

将来の夢に向けて、ランキングに参加しました♪ワンクリックずつしてもらえると嬉しいな。どうぞよろしく~♪
にほんブログ村 スイーツブログへ

10 件のコメント:

Nagomi さんのコメント...

ビール缶をお腹に詰めるとは・・・すごい発想!というか、ビールの量を少し減らしてということは、缶を開けるんですよね?
ビールはグリルしてる間に蒸発したりするのかしら?
ちょっとたべてみたい!
それにしても大きなチキンですね。
それに、Chicoさんの必死にお肉を切り分けてる姿が可愛らしいです。

shina_pooh さんのコメント...

目で見るまではいまいち想像しづらかったBeer Can Chicken。Chicoさんの手際よさであっという間にグリルに乗って、こんがり焼かれて、さばかれてしまいましたね。とっても美味しかったです♪熱ーいビール缶を旦那様と一緒に取り出されている姿に "愛" を感じました(笑)

追伸:
夫もいつもChicoさんの写真を褒めています。自分が愛情を持っているものを撮影すると、素敵な写真が撮れるんですって。Chicoさんのお菓子はいつも愛情たっぷりなんですね。

maika さんのコメント...

よっ!待ってました!(爆)
ほんとにプププなチキンのお姿。
でも私は何故か頭が付いた姿を想像してました。怖~~
Chicoさんが切り分けてる写真、シャッタースピードがいい感じですね~^^
躍動感があっていいです。

あ~ん、こんな素敵なお食事会にお招きを受けた方達が超羨ましいわ~

saki* さんのコメント...

こんばんは^^
sunny cafeのsaki*です。
先日はコメントありがとうございました。
とっても雰囲気のいいblogで心地いい感じで読ませて頂きました。
私もこのチキン、食べたいです。
こういった豪快なもの大好きです^^
これからゆっくり以前の記事も読ませてもらいますね。
またお邪魔します♪よろしくお願いします。

Chico さんのコメント...

nagomiさん、
そうなんだよ~。私も初めてTVで見たときは、あっけに取られたもん!
うん、ビールは四分の一くらい減らして、そこにローズマリーとローリエを入れてからお腹に詰め込んでるよ。
ビールは、最後まで残っているんだけど、量は半分以下に減ってるみたい。確認していないんだけどね、ははは、、。
このチキンはたぶん2キロ強だと思います。一応、ヤングチキン(若鶏)なんだよ~。この子の横にはもっと大きな子が並んでた、、、。(汗)
是非、アメリカに食べにおいでよ~♪なんて誘ってもすぐに来れる距離ではないねどねぇ、、。機会があればってなことで♪

Chico さんのコメント...

shinaさん、
話だけじゃ想像できないよねぇ。でも見れば”あ~、そういうことか”ってな感じでしょ?
手際も何も、スパイスミックスをすり込んで、グリルにのせただけだもの、誰でも出来ます、はい。
でもみんなで食べると、これまた美味しく感じますよねぇ♪
料理って、作るのはもちろん、少しでも手伝うだけでも、出来上がった時の美味しさは倍増。すべてが愛情の結集だと思ってます♪チキンにももちろん愛を注いでますよ~♪(笑)

写真を褒めていただいてありがとうございます♪デジカメには限界があるのでこの程度ですが、自分の作った料理やお菓子を美味しく見せたいと常日頃思っていることは確かです。一眼レフを買ったら、写真がもっと楽しくなりそうな予感~♪♪

Chico さんのコメント...

maikaさん、
ふふふ、、、これがプププのチキンです♪
うん、頭が付いてたら怖いかも。
チキンを切り分けている写真ね、もちろん他の写真同様、shinaさんのご主人が撮ってくれました(腕のいいカメラマンです♪)。ほんといい感じですよね♪私も気に入ってます♪♪
maikaさん、是非、機会があったら、うちにホームステイしに来てくださいね~♪(その前に家を買わなきゃ!)その時は、このチキンを目の前で作らさせていただきます♪(笑)

Chico さんのコメント...

saki*さん、
こんにちは♪
来ていただいてありがとうございます。私もsaki*さんのブログが気に入って、見入ってしまいました~♪とっても素敵なブログですね。

このチキン、さすがアメリカって感じでしょ?繊細なお料理もいいですが、こういうダイナミックな料理も好きな私です。
こんな私ですが、これからもよろしくお願いします♪

mayu さんのコメント...

そうそう、以前の記事を見て、気になっていたんです。
いったい、どんな風に焼いてるんだろう?!って。
ダイナミックなお料理ですね。どんな発想で考えついたんだろう~。
どんな味なのかも、興味津々です。

Chico さんのコメント...

mayuさん、
なかなか想像しがたい姿ですよねぇ。ちゃんとグリルの上に座ってました、この子。(笑)
うん、とってもダイナミックですよね♪でもお客様受け(うちの主人受け)もういいので、これから出番が増えそうです♪
味は、スパイスが効いてて、お肉がジューシーです。決してビールの味ではありません。
よかったらオリジナルのサイトを覗いてみてくださいね♪