2007年5月2日水曜日

Artichoke



ここ数日、春を通り越して夏のような天気の北カリフォルニアです。夏と言って思い出すのは、アーティチョーク。食いしん坊の私は、やっぱり食べ物で季節を感じてます。

アーティチョークって、アメリカに来て初めて食べた食べ物で、日本にいる頃はその存在すら知りませんでした~。実は、私の住む北カリフォルニアは、アメリカでも名高いアーティチョークの生産地なんです。うちから30分くらい南下した地域は一面のアーティチョーク畑。今月19日と20日にはMonterey CountyのCasterovilleでアーティチョーク・フェスティバルも行われます。詳しくはこちら

硬い葉っぱが特徴で、おまけにトゲらしき物も付いてます。刺さるとかなり痛いです!通常は、茹でてから調理をします。灰汁がかなり強いので、酢かレモンを入れたお湯で茹で、竹串が中心まで刺さるようなら茹で上がり~♪ レストランでは、タイムなどのハーブやブイヨンも入れて茹でたりもしますが、家ではもちろん省略~☆
今回は、写真に写っている大きなアーティチョークを茹でてみました。そして小型版Babyアーティチョークは、周りの葉っぱの硬い部分を取り除き、柔らかい葉っぱが出てきたら、上から半分くらいを切り落として茹でます。小さなアーティチョークの場合は、柔らかいし、調理時間も短いです☆


1枚切り離してみました~。この葉っぱの根っこ部分の小さな膨らみの部分を、レモンバターにつけていただきます。大きなアーティチョークは、この膨れている部分と、中心のHeartと呼ばれる部分だけ食べられます。どちらも甘くてとっても美味しい♪ 


そしてHeart↑は、こんな風に真ん中のフサフサした部分を取り除き、外側の硬い部分も削いでから、サラダに入れたり、リゾットやパスタに加えたりと、普段の料理に加えるのが一般的☆食感が栗のようにホクホクで、とっても甘くて美味しい♪

そして今日は、Fettuccine Alfredoに入れてみました♪白ワインとガーリックのクリームソースにアーティチョークがよく合います。今回は、味のアクセントにアーティチョークと相性の良い、Meyerレモンの皮とゆずとんも入れて。さわやかでピリッと美味しいソースの出来上がり~♪


詳しい材料と作り方はこちら♪

**Artichoke Fettuccine Alfredo**
(2人分)
フィットチーネ・パスタ 1/2#
オリーブオイル 大さじ2くらい
にんにく 2個(みじん切り)
玉ねぎ(小) スライス 1個分
白ワイン1カップ
生クリーム 1/2カップ(お好みで増やしてもOK!)
海老 10尾
アーティチョークの芯部分(Hearts) 2個分
イタリアン・パセリ 適量
塩・コショウ 適量
バター 大さじ2
ゆずとん 5cmくらい
Meyerレモンの皮 1/2個分
お好みのチーズ(うちではパルメザンとぺッコリーノ・ロマノ) 適量

**作り方**
1. お湯を沸かして、パスタを茹で始めます。
2. フライパンを温めて、オリーブオイルを入れてニンニクと玉ねぎを炒めます。
3. 海老を入れてワインを注ぎ、海老に火が通るまで加熱します。
4. アーティチョークを加え、生クリームも入れて火を通します。
5. ゆずとん、レモンの皮、バターを入れて、塩・コショウします。
(ゆずとんには塩気があるので、塩は少なめに)
6. ゆずとんが溶けたら、アルデンテに茹で上がったパスタを入れ、
チーズをたっぷり入れさっと絡めて出来上がり。パセリをふって召し上がれ♪
**白ワインを入れるのは私のオリジナル。その分、バターとクリームの量も控えています。

もっとアーティチョークのレシピを知りたい方は、こちらをご覧くださ~い♪

18 件のコメント:

ギャブゥ さんのコメント...

アーティチョーク、Chicoさんちで初めて食べたのを覚えてます。
すごく気に入って、その後自分で茹でたらあんまり美味しくなかった・・・。
アーティチョークにも種類がいろいろあるのでしょうか。
パスタとてもおいしそう!
Chicoさんが料理したアーティチョークが食べたい★

Toko さんのコメント...

はじめまして。
去年偶然chicoさんのブログにたどり着いてからちょこちょこおじゃまさせていただき、今年ここSantaRosaに来てからはしょっちゅう、chicoさんの作られるもの、写真、レシピなどなどいつも楽しみに拝見させてもらっています。
ちょうどおとつい、私も自分のウェブアルバムにアーティチョークの食べ方を紹介したばかりで、写真や文章はchicoさんのセンスに全くおよびませんが、食感なんかのコメントがchicoさんと同じだったもので、fanとしては同じタイミングでアーティチョークを楽しんでいたことがとても嬉しく思わず初めて書き込みしてしまいました。
アーティチョークにも色々なレシピがあるのですね、早速ためしてみます!

chicoさんのお仕事、とってもステキで魅力的ですね。
お料理やお菓子は、小さい頃から作るのも食べるのも見るのも大好きで、20年ほど変わらぬ「趣味」でした。日本では大学で専攻した方面の仕事に就いていたのですが、去年退職し、遅咲きながらこの秋からこちらのJCでCulinary Artsを専攻することになり、やっと食の世界に没頭できるのをとっても楽しみにしています。
めざせchicoさんで、がんばります♪

shina_pooh さんのコメント...

偶然にも今日、Farmer's Marketで3個99¢のアーティチョークを買ってきたところです!前回は茹でも蒸しもせず、そのままグリルしたのですが、皮をどこまで剥いていいのか分からず、、、外の皮は柔らかい部分が少なくて、夫にも不評だったんです。でも、外の皮は根元の部分しか食べられないものなんですよね。安心。。Chicoさんが紹介されていたサイトを参考にして、今度はBoilに挑戦してみます。ありがとうございました!

ゴマ さんのコメント...

アーティチョーク、労力の割りに食べられる部分がすごく少ないので、ついついズルしてビン詰やサラダバーに手を出してしまいます。(怠慢な私・反省)
でも、こうやって改めてみると、やっぱり茹でたてにかなうものはありませんよね。Chicoさんの腕には遠く及ばないでしょうが、明日のご飯に添えてみようかな~なんて思っております。頑張るぞ~♪

hanami さんのコメント...

日本では謎の食べ物です~。
でも剥がして食べる?所や栗のような感じなら、
ゆり根を思い出しました♪
クリームパスタがもう、とってもおいしそう。

cocoj さんのコメント...

アーティチョークって大好きなんですがつい調理するのが面倒で手を出さずじまいです。でも、今が旬なんですね。だったら試してみようかな! 今度の週末にでもがんばって見ます。

maika さんのコメント...

一度も食べた事がありません~
デパートの売り場で見かけたりしますが食したことの無い者にとっては前衛的なオブジェって感じです(笑)
でも、パスタのソースは前衛オブジェ無くとも色々アレンジできそうですね。
子供が居るのでついついミートソースばかりですが機会があれば是非試してみたいです^^

Chico さんのコメント...

ギャブゥさん、
そうですよねぇ、去年の今頃うちに来ていただいたんですよね。あれから1年、早いものですねぇ。
アーティチョークって、かなり灰汁が強いので酢かレモンを多めに入れて茹でると美味しく出来ますよ。
スーパーで見かけるのは、紫のアーティチョーク、普通のグリーンのもの、小さなBabyアーティチョークと呼ばれているものですよね。他にもあるのかしらねぇ?
是非、また食べにいらしてくださいね♪お待ちしておりま~す♪♪

Chico さんのコメント...

tokoさん、
はじめまして♪
私のブログを楽しみにしてくださっているそうで、ありがとうございます~。
tokoさんも、アーティチョークを調理されたのですね。ほんと食べるところは少ないですが、甘みがあって美味しいですよね。Heartsのホクホクした部分も好きな私です♪
是非、リンクのレシピもお試しくださいね。美味しく出来たら、ご報告お願いします!

tokoさんはSanta Rosaにお住まいなんですね。3年位前に行ったことがあります。
でもってJCでCulinary Artsを専攻とのこと、、なんだか夢が膨らみますね~♪
私もずっと日本でOLをしていて、その後、料理学校→菓子職人→結婚+渡米→アメリカで働くといった具合の経歴をたどっております。
なので遅咲きもいいところ、、(笑)。
何かお力になれることがあれば、いつでもご連絡くださいね。(メールフォームでどうぞ!)特にお菓子や料理系の話は力になれるはずです。
これからもどうぞよろしくお願いします♪

Chico さんのコメント...

shinaさん、
いや~、グリルだけじゃかなり渋かったでしょ?
私もアメリカに来た当時はどうやって調理していいかわからず、料理の下手な主人に教えてもらった次第です(笑)。
今度、うちに食べにいらしてくださ~い♪
BBQもいいですねぇ♪♪

Chico さんのコメント...

ゴマさん、
うんうんほんと労力を使う割には食べるところが少ないですよね。でもうちでは2個分ぺロっといけちゃいます。おつまみ感覚なんですね、たぶん。
是非、ワインのお供にアーティチョークを召し上がってくださ~い♪(なんだかアーティチョーク協会の宣伝部みたいですね(笑))

Chico さんのコメント...

hanamiさん、
この植物、日本では見かけること無いですよね。でもアメリカやヨーロッパではポピュラーなものなんですよ~。日本でもたぶんKINOKUNIYAだったら売っていると思います。
うん、そう言われてみれば、ゆり根っぽいかも。でもあんなにしゃきしゃきした感触ではないですねぇ、、、。是非、機会があったら食べてみてくださいね。
そしてこのクリームソース、色々応用が利きますので、是非、お試しくださ~い♪

Chico さんのコメント...

cocojさん、
そうですよ~、アスパラガス同様、アーティチョークもこれからがシーズンでますます美味しくなりますよ~。茹でるか蒸すだけなので、とっても簡単!
是非、お試しくださ~い♪

Chico さんのコメント...

maikaさん、
うんうん、オブジェ的な様相ですよね♪
パスタソースは、うちの主人のお気に入りです。前に働いていたレストランのコックさんから教えてもらいました~。いつも目分量なので、この位かな、、、と思い、レシピを書いてみたのですが、、。
maikaさんならもっと美味しいのが作れちゃいそう~。

miel さんのコメント...

アーティチョーク~。いいなぁ、こっちじゃなかなか手に入らないです。
入っても高すぎて手が出なかったり・・。
刺されると手が痛いですよね。何度も泣きを見ました(^^)
アーティチョークとエビの組み合わせがとっても美味しそう! あー今年も手に入らないのかなぁ。。

Chico さんのコメント...

mielさん、
ほんと日本では、なかなかお目にかかることのない食材ですよねぇ。魚介とアーティチョークって良く合います。アーティチョークって、ほのかなフルーティな香りと味わいだからでしょうかね。
カリフォルニアから送って差し上げたいところですが、ちょっと無理です~。
アーティチョークは5月に販売されるようです。詳しくはこちら♪
http://www.rakuten.co.jp/seisenkb/600453/681178/

Artichokes さんのコメント...

Family owned since 1924, Ocean Mist Farms continues to provide its customers with the freshest Artichokes and vegetables.

Chico さんのコメント...

Artichokes,

Thanks for your comment.
I and my husband loves artichokes so we would like to get and taste your farm's artichokes!